計画的に行われている対策

葛飾区では多くの人が暮らしていて、その安全を守るための対策もしています。良く行われているのは治水対策で水害などの問題が起こらないように、どのような対応をすればよいか話し合われています。ゲリラ豪雨などの問題が起こると道路に水があふれるなどの問題が起こりやすく、大きな被害を発生させる場合も多いです。問題が起こらないように治水対策を考えていて、被害を減らすための努力をしています。川の氾濫などの問題への議論も十分に考えていて、区で暮らす人の生活を守るための対策があります。堤防などが決壊してしまわないようにする話し合いも行われていて、安心して暮らせるように工夫をしています。住宅地が多い葛飾区では規模の大きな火災が起こる場合もあるので、どうやって解決するべきかが重要です。区では火災の問題が大きくならないように、住宅が燃えづらくなる工事を支援しています。古い住宅は耐火対策をしていないケースが多く、そのような建物が多い地域だと大きな火事になりやすいです。区では燃えづらい建物に建て替える支援などをしていて、広範囲に火災が広がらないように対応しています。また誰も住んでいない古い建物の問題に対しても、対策を考えていて取り壊しなどの相談ができるケースも多いです。安心して地域の住民が暮らせるように支援をしているため、葛飾区は生活しやすい地域として評価されています。

詳しく読む